出会いの歴史

いったいどんな歴史があるのか

出会いが少ないと嘆いている方もとても多いのではないでしょうか。そんな方が出会いを求めるために行っているのが婚活になります。近年は婚活市場も広がりをみせていて、いろんな種類のパーティーなどが開催されています。婚活といった言葉が産まれたのはここ数年のようです。しかし出会いのための活動は以前からあり、そのはじまりは1970年代であるといわれています。このころは結婚相談所が主流で、男女ともにいろんな結婚相談所に登録し、いろんな条件を満たしたお相手を見つけていたそうです。1990年代のパソコンの普及によってその形も変わってきました。出会いのサイトなんかも多く誕生し、より簡単に出会うことができるようになりました。

今後はどういった広がりをみせるのか

今では大きな広がりを見せていることから、婚活市場といわれています。今後はどうなっていくのでしょうか。草食系の人が増えている現在、ただ出会っても交際や結婚へと発展していくのは難しいのだそうです。婚活パーティーなどの出会いの場で、お互いに結婚したいという意思があるとわかっていれば話もしやすいですよね。そういった意味からも今後はより婚活パーティーなどの出会いの場が多く設けられるのではないかと思います。忙しい現代人ですから、効率よく出会いを求めたいものです。今では参加年齢を絞ったものであったり同じ趣味を持った人限定のパーティーであったり、様々な趣向が凝らされています。今後もこういった趣味コンなどは増えていくのではないでしょうか。